中高年就職サポート|実績と評判の良い求人サイトランキング

*

中高年の就職サポート

中高年が就職活動をする時に大切なのは、前向きな気持ちで明るく活動することだと言われます。若い年代の求人と比べて中高年の求人は数が少ないというのも事実ではありますが、落ち込まずに柔軟な考え方で仕事を探していけば、全く仕事が無いということはありません。

会社側が求めている中高年の能力としては、マネジメントスキルになるでしょう。20代や30代前半など若い年齢層の人材が多い組織は特にマネジメントスキルを持つ人材が求められます。しかし実際には、若い世代を育成したりマネジメントするのは年齢が若いと難しい場合が多いのです。今までの経験で若い年代の育成やマネジメントに携わった事がある場合には、実績を含めて自己PRすることが大切でしょう。

中高年の就職活動で気をつけておきたいのは、仕事を探す期間についてです。あまり長期間に及ぶと身体的に疲労が出てくるだけでなく精神的にも疲れてくるからです。このサイトは中高年で就職を成功させるための有益な情報を提供するために立ち上げられました。効率的に仕事を探すためには、インターネットの就職・転職サイトを活用するのをお勧めします。就職活動の期間は3ヶ月くらいを目安にして、できるだけ短期間で良い会社へ就職する計画を立てておくと良いですね。

この不景気な時代、スキルや実績がない人は歳を召されるほど転職の確立が減少し、近年では資格取得に向けて日々努力なさっている中高年の方がいらっしゃるそうです。

 しかし、資格取得ってスキルを証明するものであってただ漠然と取るだけでは意味が無いように思うのですが、その辺を企業はどのように考えているのでしょうか?

 そこで、本記事では中高年で転職をご検討の方の参考になるように、資格取得が転職に有利に働くかどうかの実態をまとめていきます。

【中高年の転職の実態】
 転職関連のサイトや書籍など、中高年の転職によく資格取得が効果を発揮するというような話を見かけますが、資格があったからといって転職に有利に働くとは思えないのが正直な話です。なにより企業が資格だけを必要としているとは到底思えません。

 では、実際のところ企業先ではどのように考えられているのでしょうか?

 基本的に、企業としては、資格を所持していても生かせなければ何の価値もないものと考えているらしく、この不景気な時代、ただの資格コレクターを雇用する余力が無いのが実情で、あくまでその資格に見合ったスキルと実績を求めているのです。

【中高年の転職で資格取得を生かす方法】
 先程もお話したように、中高年の転職に資格取得は意味がありませんが、実績が伴ってくれば話は大きく変わります。

 では、実績はどのように培っていけば良いのでしょうか?

 ここで、実績を培うための大きなポイントを挙げていきます。

 ★ここがポイント
 ・趣味と実益を兼ねてSOHOなどを活用しながら仕事を受ける。
 ・アルバイトなどを生かしながらものづくりに参加する。
 ・自分をアピールするためのプレゼンの材料(作品など)を作る。

 以上が、簡単ながら実績を作るための大きなポイントです。

 意外と勘違いされがちですが、会社勤めだけが実績というのは大きな間違いです。

 全く職務に就いていなかったとしても、個人的に目的の企業で必要な戦力になり得る根拠をプレゼンするための資料を作り上げれば、それは実績になりますし中高年の転職の大きな武器になるのです。

 また、SOHOなどで、自身の培ってきたことなどを生かして少しでも仕事をすることで、営業実績や実務実績なども身につけることができ、実績の作り方は工夫次第でいくらでもあるのです。

 もちろんその実績が相手企業に受け入れられるかどうかは別問題ですが、転職を成功に導くための大きな武器にすることは十分可能なのです。

【まとめ】
 ある意味、中高年の転職に資格は必要ありません。もちろん、資格があれば多少は有利に働きますが、それは実績があることを大前提にした話で、ただの資格コレクターなら、全く意味を成さないのです。

 実績も会社にこだわる必要は無く、その作り方はいくらでもあります。

 まずは、じっくり腰を据えて、自分を最大限にアピール出来る実績を作ってみてはいかがでしょうか。

 企業は実績やスキルを持つ即戦力を求めています。みなさんもそんな企業の要望に応えて転職をうまく成功に導いてくださいね。


リクナビNEXT
詳細
★★★★★
大手リクルートが運営しているから安心


公開日:
最終更新日:2015/02/04